FLASHBACK INTERNATIONAL SERVICE

プラスティックドールのおすすめ

アンティーク人形も年代でいろいろなサイズや形状・材質のものがあります。
19世紀の布や陶磁器(ビスク)が多用された時代から20世紀に入り1920年代頃にはコンポジション(おがくずと粘土の複合材)が主流になります。その後、1940年代から50年代にかけてアメリカでは製造技術の発達でハードプラスティック製の人形が普及しました。女の子の玩具としてとても人気がでたため多くのドールメーカーが出現しました。
d0186240_154333.jpg

材質をハードプラスティックにすることでコンポジションに比べ成形性の向上で顔の精度がアップし、まつげ付きスリープアイ(目が開閉)と相まってリアルな顔の感情豊かな人形が誕生しました。下の写真は1940年代後半から50年代前半にヒットしたIdeal社のToniという人形です。ハードプラスティック人形のもっともポピュラーなもののひとつでサイズも約35cmから50cm超まで様々な大きさがありました。
d0186240_154282.jpg

これも同じくIdeal社のPatti Playpalという90cm近い高さの人形です。当時の女の子は、自分と同じ大きさの人形でその名のとおりお友達のようにあそびました。
d0186240_1541268.jpg

Patti Playpalは1959年から1961年に売られました。繁栄のピークの時代を象徴するいかにもアメリカっぽい顔ですね。(この人形はかつてNHKの番組に貸し出されました。)
d0186240_1542221.jpg

プラスティックドール全盛の年代の古き良きアメリカの風俗が好きな人にはコレクションの対象として是非おすすめです。その理由は以下のとおりです。

・いろいろな種類・サイズが当時発売されたのでバラエティ豊かで選択肢が多い。
・コンポジションなどに比較して材質やメイクアップが劣化しずらく状態の良いモノ が多く現存している。
・上記の理由で現存しているモノが多いので状態の割に比較的価格が安い。             
d0186240_1534586.jpg

湿気が高く地震の多い日本でも保存が楽ですよ。

歴史的にはプラスティックドールからバービーの出現へと時代は流れます。プラスティックドールはいわば“バービー前夜”の人形でした。

プラスティックドールのお求めはフラッシュバック・インターナショナルサービスへ!
[PR]



by pudgybonzo | 2012-04-18 02:34 | dolls/figures

★ショップ・ブログ★   アンティーク玩具・人形のおはなし 
by pudgybonzo
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

検索

最新の記事

2017年8月〜2018年1..
at 2017-08-05 22:03
2016年12月  新入荷商..
at 2016-12-15 17:25
2015年12月  新入荷商..
at 2015-12-03 15:18
新着情報 ・ 2015年7月..
at 2015-07-31 13:05
2014年8月~2015年1..
at 2014-08-19 16:08

ファン

ブログジャンル

画像一覧